Pocket

もし走行中に警告灯がついてしまったら・・・??

とってもびっくりしちゃいますよね!!!

気をつけたい警告灯といえば、

オイルランプバッテリーランプブレーキの警告灯でしょうか?

警告灯(オイル)

オイルランプは、正式名称を油圧警告灯と言い、オイルの量が極端に少なくなったり、オイルの圧力(油圧)が下がるとマークが点灯します。

この場合は運転していて危ないので、とにかく動かずまず車屋さんに連絡しましょう!!

警告灯(バッテリー)

バッテリーの警告灯が付いた場合には、

バッテリーが充電をちゃんと行えていない場合に点灯するので、この場合も動かずに車屋さんに連絡をしましょう!!

警告灯(ブレーキ)

そして、ブレーキの警告灯ですが、

ブレーキ警告灯は、パーキングブレーキの作動状態、ブレーキ残量不足、ABSの異常を示します。

こちらも運転は危ないので、付いた速やかに車を停めて車屋さんに連絡しましょうね!!
とにかく赤い警告ランプには気をつけましょう。

 

ですが、そんなに心配のない警告灯もありますよ^^

シートベルト警告灯が付いた場合は、シートベルトをすぐにしてくださいね~。笑

ガソリンの警告灯が付いたら、すぐにガソリンを入れて下さいね~

そうは言っても、車の警告灯が付いたら心配になっちゃいますよね??

そんなときはすぐにお気軽にお問い合わせくださいね♪♪

 

Pocket