Pocket

世間ではもうお盆休みに入っている方も多いのではないでしょうか??

昨日の山の日から水曜日までお休みが多いみたいですね^^

お盆

帰省ラッシュも始まり、普段車の運転をしない人でもレンタカーなどでお出かけしたりして、渋滞・事故の多い時期でもあります。

 

高速道路を運転する際の渋滞を避けるコツは・・・

☆なるべく一番左車線を走り続ける

右の追い越し車線の方が一見早そうですが、混雑時は後続車がブレーキを踏み車間が詰まり、結果的に渋滞が起こります。

渋滞

☆一定の車間距離を置く

自然渋滞の約6割が【下り坂から上り坂に変化する地点】や【上り坂】で発生してます。

どちらも無意識に速度が落ちてしまうことが原因です。

車間距離のないままブレーキをかけると、後続車との距離が詰まり、最終的に止まってしまい渋滞になります。

車間距離があれば、前の車が遅くなってもブレーキの回数が減り、渋滞を防ぐ効果もあるので、意識して車間距離を空けましょうね^^

 

☆車間距離の目安は40メートル

高速道路の白線を見ると、白線の部分が8メートル、白線と白線の間が12メートルとなっています。

その2セット分が40メートルになるので、それを目安に運転すると、渋滞回避しやすいのでオススメですよ^^

 

長期連休は、渋滞を原因とする事故が多い時期なので、車間距離をあけつつ、ゆとりを持って運転しましょう♪♪

車間距離

では、楽しいお盆休みをお過ごしくださいね。

Pocket