Pocket

車のヘッドライトに種類があるってご存知ですか?

ヘッドライトは夜間に前方を照らし運行に直接かかわる重要なライトです。

充分な明るさを確保し、的確な方向が照らされているかが大切です。

同時に、歩行者や対向車に自車の存在を知らせることも、ヘッドライトの大切な役割のひとつです。

オートライト

主な種類は☆ハロゲン☆HID☆LEDの3種類です。

 

まずハロゲンライトとは・・・

最も標準的で多くの車に搭載されているのがハロゲンライトです。

黄色がかった電燈色が特徴ですが、白色(ホワイトバルブ)に近いものもあります。

メリットは価格が安いことです。

デメリットとしては、寿命が短いです。一般的には1000時間と言われています。

 

HIDライトとは・・・

ディスチャージやキセノンランプと呼ばれる蛍光灯のようなライトです。

メリットは明るさです。

3種類の中で最も明るいのは「HID」です。

他のタイプにはない青色がかった光が特徴です寿命は2000時間とされています。

ただし青色になるほど発熱量も多く、寿命は短くなります。

デメリットは立ち上がりの遅さです。

完全点灯までに10~20秒かかることがありますね。

 

最後にLEDライトとは・・・

最近では家電でもよく聞くLEDです。発光ダイオードを使用したタイプになります。

メリットは寿命とHIDに負けないくらい明るく、点灯時も熱を持ちません。

10,000時間とされ、約15年持つので交換の必要性が少ないです。

消費電力も少ないので電力系統への負担も少なく、最近の新車ではLED化が進んでいます。

デメリットは、HIDと比べると明るさが少し劣るくらいで、大きなデメリットはありません。

 

最近の車は色々ライトを選ぶことも出来るので、ぜひ参考にしてお気に入りの一台に乗ってくださいね♪♪

Pocket