Pocket

最近、季節ってゆるやかに秋になったり冬になったりではなく

急に秋!冬!!って感じで、気候の変化激しいですよね^^;

なので、体が変化に対応できないので、すぐに風邪引いたりしちゃいます。

free-illust35251[1]

ですが、気候の急激な変化についていけないのは車も同じですよ~。

急な冷え込みは車のバッテリーに大打撃です!!

車両保険

寒くなると・・・

1.バッテリー性能が低下する

低温ではバッテリー内での化学反応の速度が鈍くなり、バッテリーの容量が低下してきます。

2.エンジン始動に大きな電流が必要になる

エンジンオイルは寒さにより、硬くなって抵抗が増えるため、スターターを回すのに夏季に比べ、1.5倍以上の電流が必要になってきます。

3.車内の電装品の使用量が増加したため

冬は日照時間が短く、ライトやエアコンの使用が増えます。
 

ちなみに暖かい風を出すと電力の消費が大きくなりますので、エアコンを多用するとバッテリーにも大打撃なんですね^^;

 

バッテリーはおよそ「3年から5年」で寿命と言われています。
もしも交換時期が過ぎているようでしたら、交換しておくことをオススメしますよ^^

簡単にバッテリーチェックが出来ますので、ぜひ1度チェックしてみてくださいね♪♪

Pocket